コロナ スペイン 風邪 - コロナとスペイン風邪 米国の死亡率はどちらが高い? 研究結果が発表

スペイン 風邪 コロナ コロナとスペイン風邪 米国の死亡率はどちらが高い?

スペイン 風邪 コロナ 100年前のスペイン風邪の経験に学ぶ新型コロナ対策と日本の出口戦略

コロナとスペイン風邪 米国の死亡率はどちらが高い? 研究結果が発表

スペイン 風邪 コロナ スペイン風邪とコロナはどっちが凶暴ですか?、スペイン風邪は変異して

コロナショックと100年前の「スペイン風邪」の共通点

スペイン 風邪 コロナ 「新型コロナウイルス スペインかぜからの教訓」(視点・論点)

【新型コロナウイルス】4000万人以上の命奪ったスペイン風邪 始まりと終わりは?|日刊ゲンダイヘルスケア

スペイン 風邪 コロナ アフターコロナの恐怖~スペイン風邪の10年後に起こった大恐慌(ニッポン放送)

スペイン 風邪 コロナ 【新型コロナウイルス】4000万人以上の命奪ったスペイン風邪 始まりと終わりは?|日刊ゲンダイヘルスケア

コロナショックと100年前の「スペイン風邪」の共通点

スペイン 風邪 コロナ 新型コロナウイルスと「スペイン風邪」の比較によって、“怪しげな統計”に基づく数字がひとり歩きしている

アフターコロナの恐怖~スペイン風邪の10年後に起こった大恐慌(ニッポン放送)

スペイン 風邪 コロナ 【新型コロナウイルス】4000万人以上の命奪ったスペイン風邪 始まりと終わりは?|日刊ゲンダイヘルスケア

スペイン 風邪 コロナ スペイン風邪、猛威の記録 100年前の記事で新型コロナと比べてみた|【西日本新聞me】

新型コロナウイルスは、まるで1918年のスペインかぜと同じように「普通なら最も感染症に強い青年層と中年層を重症化させている」異常な感染症かもしれない

スペイン 風邪 コロナ 100年前のスペイン風邪の経験に学ぶ新型コロナ対策と日本の出口戦略

なお、これまでの時点で、死亡した人の中で最も若い年齢だった人は 36歳の男性だそうで、現時点では、二十代などの死者は報告されていないということです。

  • この新型ウイルスに唯一の希望があるところは、ここのところで、「 子どもと赤ちゃんがほとんど発症しない」ということで、これは今でもそのように進行しているようです。

・ 18歳未満の入院患者は「0」です。

  • 中国疾病対策予防センターの医師は、以下のように記者団に述べた。

先ほどの年齢分布と、現状での現場の医師たちの発言等からは、 「 二十代中盤くらいまでの若い人たちは、激しいパンデミックになっても、それほど心配はいらない」と、今の時点では考えていいかと思います。

  • 答えは驚くほどシンプルだ。

速水融(はやみ・あきら)の『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ』(藤原書店、2006年)にある横浜市の肺炎死亡者数の変化をみますと、1918年の10月から11月にかけて第一波が、1919年1月から2月まで第二波が、1920年の1月から2月まで第三波が襲いました。

  • このふたつの推定値は、概して時間の経過とともに増加し、研究者たちはいまだに議論を続けている。

とはいえ、スペイン風邪と現在のコロナ禍を歴史的、文化的な視点から比較、検証することで、新たな知見や認識を得られるはずだ。

  • 飢餓による栄養不足のなかで蔓延したスペインかぜは多くの命を奪っていきました。

食品や割り箸などを飲食業に提供する事業者と、農家や漁業者の他、人の流れが減少したことで影響を受けた事業者も対象とし、旅館や土産物店、観光施設、タクシー会社などを想定している。

  • 過去に五輪が中止になった事例は第1次世界大戦と第2次世界大戦の時のみだと指摘し、「これは国内事情ではなくて世界の事情でできないから止めているわけです」と説明した。

そのことは一面デメリットではあるものの、他国の出口戦略の効果を見極めて自国の政策を決めることができる、というメリットもあるだろう。

  • そこで同誌の編集者や統計コンサルタントに連絡をとり、統計値の間違いを指摘し、間違いが生じた原因と思われる事実について発見した内容を説明した。




2021 clairegrant.net