竹 取 物語 品詞 分解 - 竹取物語『なよ竹のかぐや姫/かぐや姫の生い立ち』解説・品詞分解(1)

分解 竹 品詞 取 物語 かぐや姫の昇天 現代語訳・品詞分解ひと目でわかる

分解 竹 品詞 取 物語 中学校国語 古文/竹取物語

分解 竹 品詞 取 物語 竹 取

竹取物語の貴公子たちの求婚の品詞分解(用言のみ)を至急お願い...

分解 竹 品詞 取 物語 中学校国語 古文/竹取物語

分解 竹 品詞 取 物語 中学校国語 古文/竹取物語

分解 竹 品詞 取 物語 かぐや姫の昇天 現代語訳・品詞分解ひと目でわかる

中学校国語 古文/竹取物語

分解 竹 品詞 取 物語 なよ竹のかぐや姫・竹取物語 現代語訳・品詞分解

分解 竹 品詞 取 物語 竹 取

竹取物語の貴公子たちの求婚の品詞分解(用言のみ)を至急お願い...

分解 竹 品詞 取 物語 竹 取

分解 竹 品詞 取 物語 竹 取

仏教などの外来宗教の影響もあるのだろう。

  • しかし、この冒頭の段階では、かぐや姫の正体が月の住人だということは、まだ読者には分からない。

ストーリー冒頭での、竹の中が光っているという幻想的なシーンとは対照的に、結末は、つらい。

  • しかも、かぐや姫の行動は、法に逆らっているわけでもないので、読者は大して罪悪感を感じないで済む。

理由や原因をあらわす。

  • そして、かぐや姫は天人の超能力により自動的に屋外へと引きずりだされ、天人の居る場所へと動いてしまう。

続きはこちら. そのような、日本の権威や常識が通用しない世界が、地球上には存在することが、この地上の権威や人情を見下す天人たちの行動に、説得力などを与えているのであろうか。

  • このようにして、の意。

あやしがりて 意味は「不思議に思って」。

  • 妻の嫗に預けて育てさせる。

最終的に、かぐや姫を抱えようとする天皇も、姫に断られる。

  • かぐや姫に地上の権威が通用しないという例を、作品中ではかぐや姫への求婚を、姫がすべて断る、ということで表現している。

ふじの煙 [ ] 月に帰る直前のかぐや姫から地上の者たちは「不死の薬」を受け取り、天皇に薬がわたされたが、天皇も翁も嫗(おうな)もだれも薬を飲もうとしない。

  • 断定の助動詞「」の連体形「なる」に推量の助動詞「」が付いた「なるめり」の撥音便形「なんめり」の「ん」が表記されないもの。

家の人どもにものをだに言はむとて、言ひかかれども、ことともせず。

  • その竹の中に、もと光る竹 なむ一筋あり ける。




2021 clairegrant.net