梅雨 明け 九州 2019 - 九州の梅雨入りと梅雨明け予想!2019年の時期や降水量は?

九州 2019 明け 梅雨 2019年九州の梅雨入り梅雨明けの時期予想!平年はいつからいつまで?

去年は早すぎた梅雨明け 今年は梅雨空いつまで続く?(気象予報士 中川 裕美子 2019年07月09日)

九州 2019 明け 梅雨 九州北部の梅雨明け時期!2021年はいつ?

九州 2019 明け 梅雨 九州南部大雨(2019年7月3日) |

九州 2019 明け 梅雨 梅雨の時期2019年入りと明け予想。地方ごとの一覧

九州 2019 明け 梅雨 近畿や九州など各地で梅雨明け 今後は真夏の暑さ続く:朝日新聞デジタル

梅雨の時期2019年入りと明け予想。地方ごとの一覧

九州 2019 明け 梅雨 九州北部の過去の梅雨入り梅雨明け

気象庁

九州 2019 明け 梅雨 2019年(令和元年) 梅雨入り・梅雨明けの状況

九州 2019 明け 梅雨 九州・福岡の梅雨明け2021年の時期予想!平年はいつから?過去最速は?

気象庁

九州 2019 明け 梅雨 2019年(令和元年) 梅雨入り・梅雨明けの状況

九州 2019 明け 梅雨 2021年 九州地方の梅雨入り・梅雨明け時期はいつ?平年は?

この資料に掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。

  • 春の終わり、 天気の良い日が続いてから比較的雨が多くなり、 日照時間が少ない時期に突入するまで、 移り変わりの時期があります。

ちなみに熊本県の県庁所在地の熊本市は北部となりますが、宮崎県については宮崎市が九州地方南部に含まれています。

  • 一方、梅雨期は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活等にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高い事柄であり、気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。

しかし、昨年の豪雨は地域的・日数的に大規模 だったと言えます。

  • この数日間、西日本の太平洋側の空気には、非常にたくさんの水蒸気量が含まれていました。

この年は梅雨入りが平年より10日ほど遅く、梅雨明けは2週間ほど早かったためとても短い梅雨となりました。

  • 人の被害は、大雨によって100人以上の死者行方不明者が出たようです。

また8月上旬に梅雨明けした年は3回だけであり、こちらは非常に珍しいケースであることがわかります。

  • これらのデータから予想すると、 2019年の九州北部の梅雨入りは5月31日前後から6月11日前後のあいだになりそうです。

ざっくばらんに言えば、梅雨期を事前に予測する のは、今の気象科学では不可能だと言うことでしょう。

  • いろいろ調べてみると、 九州南部の降水量が最も 多くて、梅雨の季節は気をつけないといけないよう ですが 実は、短時間に 猛烈に降る「集中豪雨」の影響も、 気をつけなくてはいけません。

気象庁の測定 春が過ぎて夏になる前に、雨が沢山ふってくる 梅雨の季節になりますが この季節の「梅雨入り」と「梅雨明け」は、 どちらも、平均して5日間の「 移り変わり」の 期間があります。

  • 人の被害は、大雨によって100人以上の死者行方不明者が出たようです。




2021 clairegrant.net